逆転Vの石川遼、東京五輪の出場は? 丸山茂樹「やはり持ってるな」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

逆転Vの石川遼、東京五輪の出場は? 丸山茂樹「やはり持ってるな」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

やっぱり持ってるね(時事)

やっぱり持ってるね(時事)

 今シーズン3勝目を挙げ、世界ランキングも日本勢で3位につけたプロゴルファー・石川遼選手。丸山茂樹氏は、その強さを讃える。

【写真】やっぱり持ってる!石川遼選手

*  *  *
 国内男子ツアーの最終戦「日本シリーズJTカップ」(12月5~8日、東京よみうりCC)は、石川遼(28)が今シーズン3勝目を挙げました。

 最終日はトップと2打差の5位で出て、66で回って通算8アンダー。勝負はオーストラリアのブラッド・ケネディ(45)とのプレーオフに持ち込まれました。難しい18番(パー3)で繰り返されたプレーオフの3ホール目で、遼が左手前3メートルからのバーディーパットを沈めて勝負あり。

 いやあ、もうすごいですねえ。ちょっとドタバタとしましたけど、粘り強さとか、最後のバーディーなんかは、やはり持ってるな、と思わせられますね。よくまあ、あのドライバーとかティーショットでね、うまく乗り越えたなと思います。大したもんですよ。

 僕もあそこで優勝できたときはドライバーを持つ回数を極端に減らして、うまく回避して何とか勝ったという思い出があるんですね。無理に距離を出したりしてなかったですし、そういう意味では、いろいろ試行錯誤してつかんだ優勝じゃないですかね。

 遼が最終日の12番でボギー打って、13、14とバーディーをとったときに「うん?」と思ったんです。でも15番が想定外のボギーだったので、あれはちょっと驚いたんですけども、それでもめげずに16、17番と連続バーディーでスコアを伸ばしました。あのとき「遼の流れにきてるのかな」というのは感じましたね。

 今平周吾(27)は3位で2年連続の賞金王に輝きました。当然ですけど、優勝した上で賞金王をつかみたかったでしょうね。最終18番でダブルボギーを打って、プレーオフに1打届きませんでした。本人にも会って話をしましたけど、あれはもうプレーオフのこと考えて、しっかりとパットを刻むべきだったと思うんですけどね。それでもうまくいかないのが、あそこの18番のグリーンなんでしょう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい