古賀茂明「年金生活者が負い目を感じる社会が来る」

政官財の罪と罰

古賀茂明

2019/10/22 07:00

 しかし、「老後はのんびり」ということを保証すべきだというほど暢気ではない。日本の経済財政にそんなゆとりはない。

 社会保障制度の「痛みを伴う」改革は避けて通れない道だ。

 今こそ、本当のことを言うべき時だ。「働ける間は働いて」「若い世代の負担を軽減するために、高齢者も保険料を払う」「老いや病気で本当に働けなくなった時にしっかり国が面倒を見るためには負担を覚悟して」「夢物語は終わったのです」──そう国民に正直に語りかけ、少子高齢化社会に対応した新しい社会保障制度を再構築する議論を直ちに始めなければならない。

 衆議院議員の任期満了近くまで解散は封印。そうすれば、2021年秋の衆院選まで国政選挙なしの貴重な2年弱の時間が生まれる。その間に、与野党が政局に囚われない議論で大改革案をまとめるべきだ。

 それができなければ、安倍政権は史上最長ではあるが、何のレガシーも残せなかった恥ずべき政権として歴史に名を残すことになるだろう。

「改憲に最後のエネルギー」などという愚行にだけは走らないでもらいたい。

週刊朝日  2019年11月1日号

古賀茂明

古賀茂明

古賀茂明(こが・しげあき)/古賀茂明政策ラボ代表、「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。1955年、長崎県生まれ。東大法学部卒。元経済産業省の改革派官僚。産業再生機構執行役員、内閣審議官などを経て2011年退官。近著は『官邸の暴走』(角川新書)など

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 古賀茂明「70歳まで働くと年金は失業保険化する? 安倍総理は真実を語れ」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「70歳まで働くと年金は失業保険化する? 安倍総理は真実を語れ」

    dot.

    10/22

    コロナ禍の5月に決定した「年金改正」 どうすれば得をする? 将来設計が変わる?
    筆者の顔写真

    小泉正典

    コロナ禍の5月に決定した「年金改正」 どうすれば得をする? 将来設計が変わる?

    dot.

    6/22

  • 年金「繰り下げ」は得なのか? ポイントはあなたの「健康寿命」

    年金「繰り下げ」は得なのか? ポイントはあなたの「健康寿命」

    週刊朝日

    6/7

    世帯分離、医療費控除、税金を取り戻す15の方策

    世帯分離、医療費控除、税金を取り戻す15の方策

    週刊朝日

    11/14

  • 年金、年下妻がいれば繰り下げに注意! 定年後のお金で“得”するには

    年金、年下妻がいれば繰り下げに注意! 定年後のお金で“得”するには

    週刊朝日

    3/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す