7割の人が望む“在宅医療”のメリット 医療用麻薬の使用量減るケースも (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

7割の人が望む“在宅医療”のメリット 医療用麻薬の使用量減るケースも

山内リカ週刊朝日#ヘルス
患者の自宅に向かう道中で打ち合わせをする山口医師 (右、山口医師提供)

患者の自宅に向かう道中で打ち合わせをする山口医師 (右、山口医師提供)

世間話をしながら診療する太田医師 (撮影/西田充良)

世間話をしながら診療する太田医師 (撮影/西田充良)

「自宅でも酸素吸入は可能ですし、今は強い鎮痛効果をもたらす医療用麻薬も使うことができます。痛みを上手にコントロールできるよう、患者さん自身がボタンを押して痛み止めを注入できる持続注射という方法もあり、実際に多くの方が利用されています」

 千葉県松戸市で開業医を中心とした連携医療によるまちづくりを進める、いらはら診療所院長の苛原実医師は、在宅での緩和ケアの利点を指摘する。

「医療用麻薬の使用量が減った患者さんも少なくありません。痛みには肉体的なものだけでなく、精神的なものもあります。もちろん人によって違いますが、わが家で治療を受けられるという安心感が精神的な痛みを軽減させて、それが肉体的な痛みも軽くするようです」

 心身一如とはまさにこのこと。体の症状がとれたことで気持ちが軽くなり、前向きな言葉を発するようになる患者もいるという。

「人生の最終段階でもっとも大切なのは、その時間を豊かに過ごすこと。実践するのはとてもむずかしいことですが、症状がなくなると夢や希望を話されるようになります」(苛原医師)

(本誌・山内リカ)

週刊朝日  2019年10月18日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい