AIが命を救う時代到来…責任は誰がとる? 医師も指摘する危険性

ヘルス

2019/10/05 08:00

 人工知能(AI)が医療分野に進出し始めている。内視鏡などの画像からがんを見分けられ、その精度はベテラン医師並みだという。だが、今後AIが医療現場に普及するに伴い、問題視されるのは責任の所在だ。AIの課題を現場の医師はどう見ているのか。

あわせて読みたい

  • がんを1秒以内に見分けるAI登場 その驚くべき実力とは?

    がんを1秒以内に見分けるAI登場 その驚くべき実力とは?

    週刊朝日

    10/5

    21世紀のブラック・ジャック AIは医師にとって「敵」か「味方」か

    21世紀のブラック・ジャック AIは医師にとって「敵」か「味方」か

    dot.

    4/3

  • 人工知能が医療で活躍、お手上げの医師を助ける

    人工知能が医療で活躍、お手上げの医師を助ける

    AERA

    10/1

    窪田正孝さんが放射線技師を演じるドラマ「ラジエーションハウスII」 監修医師案のありえない設定とは?

    窪田正孝さんが放射線技師を演じるドラマ「ラジエーションハウスII」 監修医師案のありえない設定とは?

    dot.

    10/4

  • 医師が気づかない心電図の微細な変化も突き止める! AIとのダブル診断でもう見逃さない時代へ

    医師が気づかない心電図の微細な変化も突き止める! AIとのダブル診断でもう見逃さない時代へ

    dot.

    6/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す