西武快進撃で光る森友哉 東尾修「攻守でバランスいい」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西武快進撃で光る森友哉 東尾修「攻守でバランスいい」

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

フルスイングで首位打者を狙う西武・森友哉 (c)朝日新聞社

フルスイングで首位打者を狙う西武・森友哉 (c)朝日新聞社

 その意味では、今年11月のプレミア12や、来年夏の東京五輪で日本代表の中に入ってどれだけできるかは楽しみである。外国人特有の動く球に対しても、しっかり振り切れる森の打力はDHでも使いたくなるだろう。選手登録が24人となる五輪で森も選出できるなら、守備面や肩を考慮した「守れる捕手」は2人でいい。

 セ・リーグの巨人はコラム執筆時点では優勝を決めていないが、もはや揺るぎない位置にいる。ここからはクライマックスシリーズ(CS)に向けた先発投手の整備だろう。特にエースの菅野智之は腰に不安があり、力を発揮できるかは未知数。山口、桜井は入ってくるが、左投手が1枚か2枚はほしい。その点でドラフト1位の高橋優貴やメルセデスが調子を上げて入れるかもカギとなるだろう。

 2位、3位の争いもセ・パともにし烈となっている。CS進出の可能性を残しているチームの選手は、この時期まで緊張感ある戦いができることを喜びに変えて頑張ってもらいたい。

週刊朝日  2019年10月4日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい