逮捕者まで出た「表現の不自由展・その後」中止 渦中の河村名古屋市長が激白「ワシにもfaxがきたよ」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

逮捕者まで出た「表現の不自由展・その後」中止 渦中の河村名古屋市長が激白「ワシにもfaxがきたよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日
名古屋市長の河村たかし氏(C)朝日新聞社

名古屋市長の河村たかし氏(C)朝日新聞社

愛知県知事の大村秀章氏(C)朝日新聞社

愛知県知事の大村秀章氏(C)朝日新聞社

 愛知県議がこう話す。

「過去3度、開催されているが、ほとんど愛知県が主導で丸投げのような感じ。少女像が展示されることも、早い段階で愛知県は知っていたはず。その前に実行委員会などで論議して、こんな大ごとになる前に回避できなかったのか。税金が投じられるイベントなので、リスクヘッジを考えなかったのか…。大村知事の方にも問題がある。だが、今では知事、市長ともスイッチが入って非難の応酬だわ」

「憲法違反」と大村氏から指摘された河村氏は本誌に対してこう吠えた。

「誤解しちゃぁ、いかん。ワシは中止を要請、意見をしただけで権力を使ってやめさせたわけじゃない。中止を決めたのは大村氏だ。本来なら、ワシが意見を言った段階で、臨時で実行委員会でも開催して、作者も含めて、話し合うのかと思っていた。だが、実行委員長代理のワシに相談なく、大村氏は中止を決定。その時、京都の放火事件をほのめかすようなFAXがきたので、混乱を避けるとか言っていた。ワシにも同じような文書がきとるよ。だから、ワシの自宅にも警察が来て、警護するなど大変だった。話し合いは民主主義の根幹。それもわからん大村氏がわしが憲法違反だなんて、何を言っとるのか」(今西憲之) 

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい