”闇営業”でザブングルが熊本で介護ボランティア 9月復帰に向け反省アピール (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

”闇営業”でザブングルが熊本で介護ボランティア 9月復帰に向け反省アピール

このエントリーをはてなブックマークに追加
多田敏男週刊朝日
ザブングルの松尾陽介(左)と加藤歩 (c)朝日新聞社

ザブングルの松尾陽介(左)と加藤歩 (c)朝日新聞社

復帰の時期が決まっていない吉本興業の宮迫博之 (c)朝日新聞社 

復帰の時期が決まっていない吉本興業の宮迫博之 (c)朝日新聞社 

 同社としては、社会貢献活動で問題に区切りをつけ、芸能界復帰の道筋をつけたいとみられる。
 
 一方で、吉本興業の芸人については、「雨上がり決死隊」の宮迫博之や「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮らの復帰の見通しはたっていない。レギュラー出演してきた番組では降板が相次ぎ、スポンサーに迷惑をかけたこともあって、テレビ局側もすぐに復帰を認めることは考えにくい。
 
 漫才コンビ「スリムクラブ」の真栄田賢と内間政成、「2700」の八十島宏行と常道裕史については、暴力団関係者がいるパーティーに参加し金銭を受け取っていたとして、無期限の謹慎処分になっている。この4人については、復帰にさらに時間がかかるとみられている。
 
 吉本興業は、コンプライアンスの徹底と反社会的勢力の排除に関する異例の「決意表明」を発表。問題の早期収拾を目指しているが、ほかにも闇営業に関わった芸人がいるのではないかとの見方もあり、信頼回復は簡単ではない。
 
 今回、ザブングルがボランティア活動を打ち出したことで、ほかの芸人についても同様の動きが広がる可能性もある。介護施設などにとって、お笑い芸人が無償で来てくれるのは、確かにありがたいことだろう。反省の姿勢を示す手法としては有効かもしれない。
 
 ただ、ほかに関わった芸人がいないかどうかなど、それぞれの芸能事務所の調査は十分だとは言いがたい。ボランティア活動で、闇営業への不信感そのものをぬぐい去るのは難しそうだ。
(本誌・多田敏男)
※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい