狙い撃ちされる専業主婦 年金改悪への対抗策は?

シニア

2019/06/07 07:00

 年金大削減の標的になっているのが専業主婦だ。会社員の妻らが相当する、「第3号被保険者」は約870万人いる。夫が厚生年金に加入していれば扶養家族の妻も国民年金に加入したとみなされ、保険料を負担しなくても年金を受け取れる。

あわせて読みたい

  • 65歳になるまでは生きて…妻が願う「配偶者が死んだらもらえる年金」

    65歳になるまでは生きて…妻が願う「配偶者が死んだらもらえる年金」

    週刊朝日

    11/23

    「妻の年金」徹底研究 “60歳からの穴埋め”で増える!

    「妻の年金」徹底研究 “60歳からの穴埋め”で増える!

    週刊朝日

    10/26

  • 75歳まで我慢すれば84%増になるが…お金のプロがあえて「66歳から年金受給」をオススメする理由

    75歳まで我慢すれば84%増になるが…お金のプロがあえて「66歳から年金受給」をオススメする理由

    プレジデントオンライン

    5/31

    春から変わる「iDeCo」3つのポイント 10月には「企業型」加入者も併用可能に

    春から変わる「iDeCo」3つのポイント 10月には「企業型」加入者も併用可能に

    AERA

    4/7

  • パズル化する「年金」 受給開始「60~75歳」選択肢が増え複雑に

    パズル化する「年金」 受給開始「60~75歳」選択肢が増え複雑に

    週刊朝日

    6/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す