川崎”通り魔事件”岩崎容疑者の同級生が語る素顔「おとなしいが、切れると豹変する奴」  (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

川崎”通り魔事件”岩崎容疑者の同級生が語る素顔「おとなしいが、切れると豹変する奴」 

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
岩崎隆一容疑者の自宅に集まる報道陣(撮影・緒方麦)

岩崎隆一容疑者の自宅に集まる報道陣(撮影・緒方麦)

岩崎隆一容疑者の自宅に集まる報道陣(撮影・緒方麦)

岩崎隆一容疑者の自宅に集まる報道陣(撮影・緒方麦)

 友人は、高校以降は岩崎容疑者がどこにいったのかは知らないといい、ほとんどかかわらないようにしたという。

 「報道で、朝はあいさつして普通だったのに、突然刃物で襲ったとあったが、昔の突然、ブチ切れる性格が頭をよぎりました」

 岩崎容疑者の近くに住む女性はこう話す。

「家はいつも閉め切っていて、家族とか一緒に住んでいる人がいる気配がない」

 近隣の男性も「近くだけど、人が住んでいるということも知らなかった」と話した。

 事件のあった28日夜、岩崎容疑者の家には捜査員とみられる男性4人が、パイプ椅子や傘、蚊取り線香などを持って入っていった。
(本誌 緒方麦)
※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい