伊藤比呂美「それが80年代の私たちよ」バブル世代の女性を語る

2019/04/02 07:00

「女の生」に寄り添った創作姿勢が共感を呼ぶ詩人、伊藤比呂美さん。離婚後、アメリカで3人の娘を育て上げ、28歳年上のパートナーを見送った今、熊本を拠点に活動を続けています。近年は介護や老い、死を見つめた作品を多く刊行。そんな伊藤さんに同世代の女性の生き方、これからの文学などを、作家の林真理子さんがうかがいました。

あわせて読みたい

  • 加藤シゲアキ 「ジャニーズが書いた」と言われ続け…受賞に感慨

    加藤シゲアキ 「ジャニーズが書いた」と言われ続け…受賞に感慨

    週刊朝日

    6/19

    “年の差婚”加藤茶「なんでこんなにたたかれるんだろう」

    “年の差婚”加藤茶「なんでこんなにたたかれるんだろう」

    週刊朝日

    8/17

  • 伊藤淳史 お坊さん映画で感じた“無”の戸惑い

    伊藤淳史 お坊さん映画で感じた“無”の戸惑い

    週刊朝日

    11/3

    藤真利子「長生きしたらまったくもたない」 介護で感じたお金の不安

    藤真利子「長生きしたらまったくもたない」 介護で感じたお金の不安

    週刊朝日

    2/16

  • 女優は天職 斉藤由貴「私、『なんちゃって歌手』ですから」

    女優は天職 斉藤由貴「私、『なんちゃって歌手』ですから」

    週刊朝日

    1/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す