発達障害リスク「農薬」に対策遅れる日本 禁止どころか緩和も

ヘルス

2019/03/06 08:00

 発達障害の原因として農薬との関係が注目されている。1990年ごろから急速に広まったネオニコチノイド系農薬が、子どもの脳の発達に悪影響を及ぼす見解が世界で報告されているのだ。そんな恐ろしいことが指摘されているにもかかわらず、日本の対策は遅れている。作家・ジャーナリストの青沼陽一郎氏がレポートする。

あわせて読みたい

  • 農薬の“ドサクサ”規制緩和で子どもが危ない

    農薬の“ドサクサ”規制緩和で子どもが危ない

    週刊朝日

    7/9

    子どもの脳に悪影響も!? 農薬が発達障害の原因として疑われるわけ

    子どもの脳に悪影響も!? 農薬が発達障害の原因として疑われるわけ

    週刊朝日

    3/6

  • TPPで一人負けした日本 脅かされる日本の医療、食、健康

    TPPで一人負けした日本 脅かされる日本の医療、食、健康

    TPP

    週刊朝日

    10/14

    自然破壊にみる政府の「不思議な理屈」を池田教授が指摘

    自然破壊にみる政府の「不思議な理屈」を池田教授が指摘

    週刊朝日

    3/6

  • 最恐・最悪の大害虫!? でも、もしスズメバチが全ていなくなったら…

    最恐・最悪の大害虫!? でも、もしスズメバチが全ていなくなったら…

    tenki.jp

    9/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す