AIによる「がん告知」を受け入れられる? 大塚篤司医師「将来、医師に求められること」

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2019/03/15 07:00

 AI(人工知能)による画像診断で、がんを見分ける技術が開発されています。その技術が進むと、医師は必要なくなるのでしょうか? 京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、AIについて語ります。

あわせて読みたい

  • ほくろと思っていたら皮膚のがんだった! 医師が教える見分け方「ABCDルール」
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    ほくろと思っていたら皮膚のがんだった! 医師が教える見分け方「ABCDルール」

    週刊朝日

    10/4

    大人になって新しくできた「ほくろ」は皮膚がんに注意 「いい皮膚」の日に知っておきたいサイン
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    大人になって新しくできた「ほくろ」は皮膚がんに注意 「いい皮膚」の日に知っておきたいサイン

    dot.

    11/12

  • がん闘病中の赤い腫れ「どうしてこんな症状が出ているのか?」という問いに主治医は
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    がん闘病中の赤い腫れ「どうしてこんな症状が出ているのか?」という問いに主治医は

    dot.

    10/2

    「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?

    dot.

    11/8

  • 「爪のけがを放置していたら、がんだった」 爪が黒くなったときの病気の違いとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「爪のけがを放置していたら、がんだった」 爪が黒くなったときの病気の違いとは?

    dot.

    6/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す