「ネットの世界に品がないのは…」大センセイの意見 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ネットの世界に品がないのは…」大センセイの意見

連載「大センセイの大魂嘆!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田清機週刊朝日#山田清機
イラスト/阿部結

イラスト/阿部結

 SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「品がない人」。

*  *  *
 インターネットの世界って、どうしてこうも品がないのだろう。

「晒す」と称して、赤の他人のプライバシーを暴き、「祭り」と称して、赤の他人によってたかって罵詈雑言を浴びせる。しかも、そうした蛮行を匿名でやる人が大勢いるのだ。何万人という単位でいるんである。

 つくづく「品がないなぁ」と思うのだが、よくよく考えてみればこうした行為、匿名ではないにせよ、昔からテレビや週刊誌もやってきたことである。

 ということは、匿名でやってるからことさら品がなく感じるのだろうか? どうもそうではない。匿名で他者を中傷するのは卑劣だとは思うけど、品のあるなしとは関係がない気がする。

 じゃあ、お前は「品」というものを分かっているのかと問われるだろう。実は以前、こんなことがあった。

 その日、大センセイはあるファイナンシャル・プランナー(FP)の方にインタビューをしたのだった。

 FP氏はすらっと背が高くてハンサムで、しかも育ちのいい方だ。しゃべり方も穏やかで、大センセイのようなガラッパチの馬の骨とは、見るからに人品骨柄が違う。

 インタビュー終了後、そのFPの方と担当編集者の三人で飲みに行くことになった。お店はちょっぴり高級な居酒屋。ちょうど秋刀魚の季節で、お勧めのメニューに「秋刀魚の塩焼き」があった。

 では、それを頼んでみようということになったのだが、出てきたのは丸々と太った30センチ近くもある見事な大秋刀魚である。

 大センセイ、お魚が大好きであるから、この大秋刀魚に夢中になった。秋刀魚はワタもおいしいから、丁寧に食べれば最後は頭と背骨だけになる。

 一心不乱に大秋刀魚を突き回し、後は頬の肉を残すのみというあたりまで食べ進んだとき、FP氏の声がしたのである。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい