オーディションでスタッフから黄色い声が… 岩合光昭さんが惚れた大型新人とは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

オーディションでスタッフから黄色い声が… 岩合光昭さんが惚れた大型新人とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
伏見美雪週刊朝日#ねこ#動物

ベーコン/2015年、茨城県生まれ。オス。19年2月22日“猫の日”に公開予定の映画「ねことじいちゃん」で“主役”タマを演じる。岩合光昭さんによる同名の写真集、及び19年1月からの同名の写真展にも登場
(c)Mitsuaki Iwago
カメラ OLYMPUS E-M1 MarkII、レンズM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO、ISO感度200、絞りf14.0、シャッタースピード1/125秒

ベーコン/2015年、茨城県生まれ。オス。19年2月22日“猫の日”に公開予定の映画「ねことじいちゃん」で“主役”タマを演じる。岩合光昭さんによる同名の写真集、及び19年1月からの同名の写真展にも登場
(c)Mitsuaki Iwago
カメラ OLYMPUS E-M1 MarkII、レンズM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO、ISO感度200、絞りf14.0、シャッタースピード1/125秒

(c)Mitsuaki Iwago
カメラ OLYMPUS E-M1 MarkII、レンズM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO、ISO感度200、絞りf14.0、シャッタースピード1/125秒

(c)Mitsuaki Iwago
カメラ OLYMPUS E-M1 MarkII、レンズM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO、ISO感度200、絞りf14.0、シャッタースピード1/125秒

 映画「ねことじいちゃん」の“主役”タマの最終審査の日。毛色がいちばん地味な猫が、満場一致で選ばれた。

【可愛すぎる!ベーコンの写真の続きはこちら】

「現れるなり、壁際に立っていたスタッフの足元を巡り、ひとりひとりに挨拶したんです。黄色い声があがりました(笑)」

 そう語るのはこの作品で初めて映画監督を務めた動物写真家の岩合光昭さん。「ベーコンがいなかったらこの映画はできなかった」と言う。

「驚くほどの演技力でした。カメラがまわると、場面に応じてちゃんと立ち止まったり見上げたりするんです。いちばん感動したのは、主演の立川志の輔師匠のおなかの上で眠ってくれたことですね」

 撮影中は毎朝ベーコンに会いに行き、脚本を見せながら「今日はここだからね、お願いします」「いい猫(こ)だね」と話しかけていたという岩合さん。そうして生まれた信頼関係が伝わってくる。(本誌・伏見美雪)

週刊朝日  2018年12月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい