寝正月で乱れた「時差ボケ」はこれで治す! 専門家が教える予防・解消10カ条

ヘルス

2019/01/06 08:00

 国内にいながら、海外旅行のときの時差ぼけと同様の症状に見舞われる社会的ジェットラグ(社会的時差ぼけ)。単なる睡眠習慣の乱れにとどまらず、仕事のパフォーマンスを低下させ、肥満や生活習慣病、そして抑うつ症状を招くおそれもある。正月に寝てばかりいるなど、このような社会的ジェットラグに陥りやすい年末年始。その防ぎ方や解消法を、時間生物学が専門の明治薬科大学リベラルアーツ准教授・駒田陽子氏に教えてもらった。

あわせて読みたい

  • 寝正月に要注意! 睡眠「3時間」のズレはインドからの帰国並みの“時差ボケ”に?

    寝正月に要注意! 睡眠「3時間」のズレはインドからの帰国並みの“時差ボケ”に?

    週刊朝日

    1/2

    正月休みや週末にうっかり朝寝坊… 「寝だめ」はなぜ体を疲れさせるのか?

    正月休みや週末にうっかり朝寝坊… 「寝だめ」はなぜ体を疲れさせるのか?

    週刊朝日

    1/4

  • 朝型生活5カ月で15キロ減の成功者も 体重と生活スタイルの因果関係が明らかに

    朝型生活5カ月で15キロ減の成功者も 体重と生活スタイルの因果関係が明らかに

    AERA

    11/9

    “週末に寝だめする子”は肥満傾向に 適切な「子どもの睡眠」とは?
    筆者の顔写真

    森田麻里子

    “週末に寝だめする子”は肥満傾向に 適切な「子どもの睡眠」とは?

    dot.

    10/16

  • 走る・飛ぶ・香る!? 朝がラクになる最新「目覚まし時計」を試してみた!

    走る・飛ぶ・香る!? 朝がラクになる最新「目覚まし時計」を試してみた!

    週刊朝日

    11/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す