原巨人に内紛? 楽天・石井と仁義なきストーブ戦争を繰り広げる剛腕に何が… (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

原巨人に内紛? 楽天・石井と仁義なきストーブ戦争を繰り広げる剛腕に何が…

このエントリーをはてなブックマークに追加
今中洋介週刊朝日
原辰徳監督 (c)朝日新聞社

原辰徳監督 (c)朝日新聞社

石井一久GM (c)朝日新聞社

石井一久GM (c)朝日新聞社

 巨人は原辰徳監督が球団初の3度目の監督就任した今オフ、5年ぶりのV奪回に向けて積極的に補強に動いている。オリックスを自由契約になった中島宏之、西武をFA宣言した炭谷銀仁朗、今季メジャーリーグで20本塁打放ったパドレスのクリスチャン・ビヤヌエバ の獲得に加え、広島・丸佳浩のFA補強に成功した。

【同じく炭谷獲得に動いていた石井一久GM…】

 民放のテレビ関係者はこう分析した。

「炭谷は楽天も獲得に動いていました。石井一久GMは炭谷と西武時代に共にプレーしています。正捕手として期待していましたが、後から参戦した巨人が炭谷を口説き落とした。やはり原監督の剛腕ぶりは凄いです。マリナーズを退団した岩隈久志の調査を進めているという情報もあります。楽天と再びバチバチの争奪戦になっていますが、先発投手は層が薄いので是が非でも欲しいでしょうね」

 チームが心機一転の出直しを図る狙いもあるのだろう。エース・菅野智之の背番号が「19」から「18」に変更が発表されたほか、ゲレーロ、田口麗斗、畠世周、宇佐見真吾、石川慎吾、桜井俊貴らも背番号の大幅シャッフルを敢行した。

 過去と決別して生まれ変わる――メディアへの発信が少なかった高橋由伸前監督とは一転して、原監督のもとでチーム改革を発信し続ける巨人だが、実はコーチングスタッフに大混乱が生じる内紛が起きていた。

 前出のテレビ関係者が明かした。

「今オフに退団したあるコーチに振り回されました。シーズン中に『巨人でコーチを続けたい』と本人の意向を聞いていたので、球団フロントも来年にコーチ契約を結ぶ意向を伝えていました。ところが、事態が急転した。広島とのクライマックスシリーズで終戦後に退団の申し入れがあったのです。想定外の出来事に球団フロントも大混乱で、空いてしまったコーチの枠に急遽新たなコーチを探すことになったのです」

 騒動の発端となった人物をAコーチとしよう。関係者の話を総合すると、Aコーチの「素性」を把握していなかった球団フロントの甘さが要因だった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい