吉澤ひとみ被告、勝谷誠彦さんらがアルコールを断てない理由 依存の恐さとは  (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

吉澤ひとみ被告、勝谷誠彦さんらがアルコールを断てない理由 依存の恐さとは 

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
吉澤ひとみ被告(撮影/秦正理)

吉澤ひとみ被告(撮影/秦正理)

 酒気帯び運転で2人をひいて逃げたとして道路交通法違反と自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)に問われた人気アイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバー、吉澤ひとみ被告(33)に対し、東京地裁は11月30日、「懲役2年、執行猶予5年」の判決を言い渡した。

 20席の傍聴席を求めて1100人以上が並んだ29日の初公判では、吉澤被告は起訴内容を認め、「被害者の方に本当に申し訳なく思っております」と繰り返し謝罪。時折、涙を流しながら「起こしてしまったことを、一生忘れずに過ごしていきたい」と語っていた。

 公判では、事故前日の9月5日から飲んでいたとされる吉澤被告の「酒量」も明らかになった。
 
 初公判での冒頭陳述によると、吉澤被告は午後8時15分ごろから9月6日午前0時ごろにかけて、缶チューハイ3本と炭酸水で割った焼酎2杯分を自宅で飲んでいたと指摘。直後に就寝し、午前6時50分ごろから運転していたという。事故直後に現場に戻ってきたあと9時50分ごろに行われた飲酒検知では、呼気1リットル中0.58ミリグラムのアルコールが出たこともわかった。

■キッチンドリンカーだった?

 事故後、IT企業経営者である夫は調べに対し、吉澤被告が「毎日キッチンで酒を飲んでいた」と“キッチンドリンカー”であったことを話していたが、11月29日の公判で夫は情状証人として出廷すると、吉澤被告の飲酒について「急激に減っています」と証言。だが、検察側からの「全く飲んでいないわけではない?」という質問に「そうです」とも回答。吉澤被告が完全に断酒しているわけではない現状を伝えた。

 11月28日、肝不全により57歳の若さで亡くなったコラムニストの勝谷誠彦さんも、酒に関する本を数多く上梓するほど「酒好き」として知られていた。8月には自身が配信するコラムで、重症のアルコール性肝炎「劇症肝炎」で入院していたことを公表。関係者によると、その後、療養するもなかなか酒を断てなかったとされる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい