「補聴器をつければすぐに聞こえる」は誤解 注意すべき点は?

シニア

2018/11/24 06:15

 最新の研究で、難聴は認知症のリスクと報告され、聞こえを改善したいと思う人は多い。加齢などで聴力が低下した人に、聞こえを補う有効な手段として補聴器があるが、補聴器に対する誤解は多く、その恩恵を受けられていない実情もある。いつまでも人生を豊かに過ごすには、まずはその誤解を正すことが大切だ。現在発売中の週刊朝日ムック「『よく聞こえない』ときの耳の本」から、事例とその対策を紹介する。

あわせて読みたい

  • 補聴器を買うのに「むやみに高価」「購入を急がせる」販売店は要注意! 専門医が教える選び方

    補聴器を買うのに「むやみに高価」「購入を急がせる」販売店は要注意! 専門医が教える選び方

    週刊朝日

    3/16

    補聴器が「大きくてカッコ悪い」は昔の話 初心者が陥る5つの誤解

    補聴器が「大きくてカッコ悪い」は昔の話 初心者が陥る5つの誤解

    週刊朝日

    11/24

  • あなたの「聞こえ」をチェック! 放っておくと認知症リスクが高まる

    あなたの「聞こえ」をチェック! 放っておくと認知症リスクが高まる

    週刊朝日

    11/25

    「耳が遠くなるのは高齢者」は誤解! 聴力は30代から落ちていく

    「耳が遠くなるのは高齢者」は誤解! 聴力は30代から落ちていく

    週刊朝日

    9/12

  • 【難聴・耳鳴り】認知症の大きなリスク要因 聞こえないと脳の機能も衰える

    【難聴・耳鳴り】認知症の大きなリスク要因 聞こえないと脳の機能も衰える

    dot.

    4/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す