西武菊池と巨人菅野との「差」は? 東尾修が指摘 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西武菊池と巨人菅野との「差」は? 東尾修が指摘

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

試合を支配してこそエースだ (c)朝日新聞社

試合を支配してこそエースだ (c)朝日新聞社

 菊池の投球フォームを見ると、右足を上げた際に一度ひざを伸ばしてから踏み出す形にしている。しかし、ひざを伸ばしたときにつま先が立ってしまっているから、踏み出した接地の部分で弾力性がない。足首がクッションのように使えないと、体重を乗せて捕手方向に出ていくことができない。単純に言えば、突っ立ったまま投げてしまっている。これでは球場ごとのマウンドの違いにも対応できない。

 選手として常に新しいことにチャレンジすることは大切だが、菊池は9年目。しかも球界でもトップクラスの実績を持った投手になった。その投手がいまだに投球フォームで試行錯誤しているというのは首をひねる。変えてはいけない、大切な部分があって、その上で新しいことにチャレンジしていくのなら素晴らしいが、毎年のように投球フォームを試行錯誤することが、いいとは思わない。

 先ほども触れたが、エースは試合をコントロールする能力が必要だ。だが、菊池はまだ自分と向き合っていることが多すぎる。試合に入れば、対策を立ててきた相手を上回らなければいけない。打者に向かう状況を作らないといけない。

 短期決戦は、エースに対して、相手も研究して、特別な攻め方をしてくる。その相手を上回らなければならない。エースの勝敗は、チームの勢いに影響する。単なる1試合ではないのだ。昨年16勝を挙げ、防御率1.97を記録した菊池だからこそ、あえて苦言を呈したい。

週刊朝日  2018年11月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい