北原みのり「『痴漢えん罪』のバイアス」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「『痴漢えん罪』のバイアス」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原みのり週刊朝日#ドラマ#北原みのり
北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

(イラスト/田房永子)

(イラスト/田房永子)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。今回は「痴漢えん罪」と「#MeToo」の根底にある女性差別について。

【この記事のイラストはこちら】

*  *  *
「私、失敗しないので」の「ドクターX」が好きなので、米倉涼子主演ドラマ「リーガルV」を心待ちにしていた。法曹界に米倉様が小気味よく切り込む物語だろう!と期待していた一視聴者として言わせてほしい。残酷なほど無残。大門未知子に、謝ってほしい。

 テーマは「痴漢えん罪」。満員電車で男が女子大学生に「痴漢」と訴えられ、逮捕される。米倉は男性の弁護で、女性がキャバクラに勤めており、金目当てだったことを明らかにしていく。

 見ながら喉が渇いて仕方なかった。コンゴ民主共和国のムクウェゲ医師や、ISの性暴力を告発したナディアさんのノーベル平和賞受賞決定後の世界とは思えなかった。2018年の国際水準からほど遠いお粗末さだと、震えた。

 痴漢えん罪などどうでもいい、と言いたいのではない。えん罪は日本の警察の重要な問題だ。それでも、こと痴漢という性暴力問題で、「男vs.嘘つき女」という対立を作り、女の嘘一つで男の人生が壊されるという前提で性犯罪を描くとは、いったい、どういう志なのだろう。“キャバクラで働く女性”=“性暴力被害者ではない”という偏見の再生産は、いったい、どういう無知なのだろう。

 たかがドラマ、たかがエンタメだ。だけどそれは、大いなる無意識でもある。「彼女は嘘をついてる」「男に恨みがあるのだ」「彼女は金をほしいだけ」……声をあげた性暴力被害者をそのように叩いてきた私たちの国でゴールデンタイムで見るに相応しいドラマとも言える。被害者の声に向き合い、性暴力根絶に取り組もうと動きはじめている国際社会に、私たちは全くついていけてないのだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい