「感染症屋」の医師が語る川島なお美のがん死とワインの本当の関係

ワインは毒か、それとも薬か

ヘルス

2018/10/02 07:00

 感染症は微生物が起こす病気である。そして、ワインや日本酒などのアルコールは、微生物が発酵によって作り出す飲み物である。両者の共通項は、とても多いのだ。感染症を専門とする医師であり、健康に関するプロであると同時に、日本ソムリエ協会認定のシニア・ワイン・エキスパートでもある岩田健太郎先生の連載が始まる。「ワインにまつわる話」、特に「微生物が行う発酵」「ワインと健康の関係」「ワインの歴史」についてお伝えしたい。

あわせて読みたい

  • 没後5年「川島なお美」生きていれば今年で還暦 女優を貫く強さと唯一無二の名言 

    没後5年「川島なお美」生きていれば今年で還暦 女優を貫く強さと唯一無二の名言 

    dot.

    9/23

    岡田有希子さん没後34年。“アイドルは生身の人間”だと示した特別な存在

    岡田有希子さん没後34年。“アイドルは生身の人間”だと示した特別な存在

    dot.

    4/5

  • <第2回>飯島愛さんが亡くなる直前、会った医師が明かす持病の悪化【没後10年】

    <第2回>飯島愛さんが亡くなる直前、会った医師が明かす持病の悪化【没後10年】

    dot.

    12/19

    酒は「百薬の長」か「万病の元」か。がん、肝硬変、認知症…感染症医がデータで読み解く
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    酒は「百薬の長」か「万病の元」か。がん、肝硬変、認知症…感染症医がデータで読み解く

    dot.

    8/6

  • 感染症医が解説!「どうして他のお酒と違い、ワインは健康によいと言われるのか」
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    感染症医が解説!「どうして他のお酒と違い、ワインは健康によいと言われるのか」

    dot.

    9/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す