切除できても再発する「肝がん」 医師が語る“新薬”の実力とは?

ヘルス

2018/09/14 07:00

 肝がんはウイルス性肝炎や脂肪肝など、肝臓の病気が原因となって発症する。このため、がんを切除できたとしても再発する可能性が高い。再発をくり返すうちに治療の手立てがなくなる中、期待が集まっているのが薬物療法だ。

あわせて読みたい

  • 【肝がんアブレーション治療】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【肝がんアブレーション治療】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    3/4

    肝がん ラジオ波治療は3センチ以下、3個以内の場合

    肝がん ラジオ波治療は3センチ以下、3個以内の場合

    週刊朝日

    9/1

  • 飲酒歴がないのに「肝がん」に? メタボの人は「非アルコール性脂肪肝」にも要注意

    飲酒歴がないのに「肝がん」に? メタボの人は「非アルコール性脂肪肝」にも要注意

    週刊朝日

    9/5

    肝臓がんにも「放射線治療」 局所制御率9割以上

    肝臓がんにも「放射線治療」 局所制御率9割以上

    週刊朝日

    11/21

  • 没後30年 石原裕次郎さんが屈した肝細胞がんの最新治療

    没後30年 石原裕次郎さんが屈した肝細胞がんの最新治療

    dot.

    7/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す