予防にも効果的? 音楽が認知症の症状をやわらげる (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

予防にも効果的? 音楽が認知症の症状をやわらげる

連載「「健脳」養生法――死ぬまでボケない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一週刊朝日#ヘルス#帯津良一
帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

認知症への音楽療法(※写真はイメージ)

認知症への音楽療法(※写真はイメージ)

 自分の名前がすぐに出てこない患者さんが、リズムに乗りながらだと自分の名前が言えたりするのだそうです。通常は過去のことを思い出すことができない人が、昔懐かしいなじみの歌を歌ったり、聞いたりすることで、昔のことをはっきり思い出し、その思い出を語ってくれたりするというのです。

 認知機能が低下してしまって、会話が困難になっていても、ご本人が好きな歌だと歌うことができて、患者さん同士が交流することができるそうです。そういう事例を聞くと、音痴な私もいざというときのために、好きな歌をいくつか持っておいた方がいいなという気になります。

 さて、こうした音楽のもつ力は認知症予防に対しては、どう働きかけるのでしょうか。

 それは、やはり「心のときめき」だと思います。すでに書きましたが(5月25日号)、私は長年のがん治療の現場での体験から、心のときめき(生命の躍動による歓喜)こそが免疫力、自然治癒力を高める要因だと確信しています。

 音楽を愛する人にとって、音楽はまさに心のときめきを生み出すものです。それは、私にとって太極拳が心のときめきを生むのと同様だと思うのです。

週刊朝日  2018年8月17-24日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい