廃校で狂乱…UFO飛来の地で翌朝、起きた怪奇 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

廃校で狂乱…UFO飛来の地で翌朝、起きた怪奇

連載「大センセイの大魂嘆!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田清機週刊朝日#山田清機
UFO飛来の地で翌朝、起きた怪奇(※写真はイメージ)

UFO飛来の地で翌朝、起きた怪奇(※写真はイメージ)

 SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「位山のUFO」。

*  *  *
 UFOの存在を信じるかどうかは、何かの試金石じゃないかという気がする。

 若かりし頃、車に乗って目的地を定めない旅によく出かけた。行き先表示板が現れる度に、気になる地名の方向にハンドルを切る。宿は予約できないから、飛び込みで泊めてもらうか、車中泊をするのである。

 そんな行き当たりばったりの旅をしていて、岐阜の山中に迷い込んでしまったことがあった。真っ暗な山の中で路肩に車を止めて寝るのは怖い。宿を探して日暮れの山道を走り回っていると、道端に「○×自然の家」という看板が見えた。

 看板の案内に従って走ると、谷間(たにあい)の小さな村の小学校にたどり着いた。玄関の突き当たりに受付があって、老人が座っていた。廃校を宿泊施設として再利用しているらしい。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい