「こいつ、いいやつだな」夫・長塚圭史が明かす常盤貴子の一面 (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「こいつ、いいやつだな」夫・長塚圭史が明かす常盤貴子の一面

このエントリーをはてなブックマークに追加
直木詩帆週刊朝日#林真理子
長塚圭史(ながつか・けいし)/1975年、東京都生まれ。96年に演劇プロデュースユニット「阿佐ケ谷スパイダース」を旗揚げ、昨年劇団化。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞多数。2008年、文化庁新進芸術家海外研修制度で1年間ロンドンに留学。主宰する劇団の新作公演「MAKOTO」は8月9~20日に東京・吉祥寺シアターで上演するほか、大阪、神奈川、新潟、松本でも公演。11月3~18日にはKAAT神奈川芸術劇場で、演出作「セールスマンの死」も控える。(撮影/小山幸佑、ヘアメイク/谷口祐里衣)

長塚圭史(ながつか・けいし)/1975年、東京都生まれ。96年に演劇プロデュースユニット「阿佐ケ谷スパイダース」を旗揚げ、昨年劇団化。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞多数。2008年、文化庁新進芸術家海外研修制度で1年間ロンドンに留学。主宰する劇団の新作公演「MAKOTO」は8月9~20日に東京・吉祥寺シアターで上演するほか、大阪、神奈川、新潟、松本でも公演。11月3~18日にはKAAT神奈川芸術劇場で、演出作「セールスマンの死」も控える。(撮影/小山幸佑、ヘアメイク/谷口祐里衣)

林:すごい。北条秀司は今、作家でも知ってる人が少ないと思います。

長塚:「王将」は素晴らしい戯曲だと思います。泣けるし、ジーンと来るシーンがたくさんあるんです。見事ですよ。阪田三吉と奥さんの小春の第1部も最高ですよ。暗転すると劇場全体がシクシクしてます。

林:ほんとですか。

長塚:北条秀司はキャッチーですよ。まず関西弁のユーモアがあるセリフがおもしろい。それに、狭い舞台に十数人がガサガサッと出て、パッといなくなって三吉だけがいる場面なんか、また違うリズムができあがっておもしろいんですよ。

林:へーえ、そうですか。

長塚:下北沢の本多劇場のすぐ横の地下なんですけど、楽屋がないから、常盤も含め、みんな外で紋付き袴みたいなのを着て、ウロウロしながら出番を待ってるんです。

林:そういうところで採算は……。

長塚:もちろん儲かりません。ご褒美みたいな公演ですね。役者さんたちにも「すいません。ギャラはこれしか出せません」と事前に言って。でも、いいんですよ、たまにそういうものをやるって。

林:奥さまも快く引き受けてくださったんですか。

長塚:「王将」をやると決めて、小春、誰にしようかって考えて。常盤は役に合っているし、こういうことを楽しみそうな性格だから、「ちょっと悪いんだけど、小春、やってくんないかな。ギャラは少ないけど」ってお願いしたんです。そうしたら彼女、移動するときも車を出してみんなと一緒に荷物を積み込んだりするし、劇場の「バラシ」(装置の片づけ)とかも一緒にやるし、みんなに食べさせるごはんも炊くし。

林:いい奥さんじゃないですか。

長塚:僕もつくづく思いました。「こいつ、いいやつだな」って。困難な状況を楽しく過ごそうとするタイプで、痛快でしたね。

林:ほんとに小春じゃないですか。

長塚:ほんと、小春なんですよ。

林:すてきなご夫妻で、うらやましいです。

(構成/本誌・直木詩帆)

週刊朝日 2018年7月13日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい