中年男も“新人類”だった…「スマホは危険」なワケ (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中年男も“新人類”だった…「スマホは危険」なワケ

連載「大センセイの大魂嘆!」

山田清機週刊朝日#山田清機
スマホというのは、とても危険なものである(※写真はイメージ)

スマホというのは、とても危険なものである(※写真はイメージ)

 そう、大センセイが暗く悩み多き青春時代を送っていた八〇年代、ソニーのウォークマンという機械が大流行したのだ。若者たちは街の中だろうと電車の中だろうと、ところかまわず両耳にイヤホンを突っ込んで、音楽に浸るようになった。

 そして、周囲からの信号を遮断して個の世界に没入する若者たちは、上の世代から「新人類」と呼ばれるようになったのだった。

 そんな元新人類である大センセイに、スマホの危険性を指摘する資格などないのではないか。かつての自分も十分に危険な行為をしていたのであり、しかも、上の世代から危険性を指摘されれば、

「うっせーなー」

 と反発していたのだ。

 だが、しかし、にもかかわらず、スマホは、いや、両耳にイヤホンを突っ込んでところかまわず音楽に浸る行為は、危険だと言わざるを得ない。

 あれは、大センセイがまだ二〇代だった頃のこと、ふと海が見たくなって、三浦半島に出かけたのだった。ウォークマンにはサザンオールスターズのカセットテープを入れていた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい