快楽とは違う? 認知症やがんを予防する“心のときめき” (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

快楽とは違う? 認知症やがんを予防する“心のときめき”

連載「「健脳」養生法――死ぬまでボケない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

心のときめきが最大の要因(※写真はイメージ)

心のときめきが最大の要因(※写真はイメージ)

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「心のときめきが最大の要因」。

*  *  *
【ポイント】
(1) ベルクソンのいう生命の躍動による歓喜が大事
(2)早寝早起き、太極拳、晩酌、女の色気など
(3)心のときめきは単なる快楽とは違っている

 前回、認知症を予防するには、免疫力と自然治癒力を高めなければいけないと書きました。これはがんの予防でも同様で、私はそのためにはどうすればいいか長年取り組んできました。その末に得た結論は、心のときめきこそが最大の要因になるということです。

 なぜ心のときめきなのでしょうか。それに答えてくれたのは、フランスの哲学者、アンリ・ベルクソン(1859~1941)です。

 ベルクソンは生物の進化について考察し、進化のためには内的な衝動力、生命(いのち)の躍動(エラン・ヴィタール)が必要だと論じました。生命の躍動が生命体を突き動かすのだというのです。生命の躍動によって内なる生命エネルギーが溢れ出ると私たちは歓喜に包まれます。その歓喜は単なる快楽ではなく、創造を伴い、自己を向上させるのだというのです。つまり自己実現です。

 私は、長年のがん治療の現場での体験から、この生命の躍動による歓喜こそが、免疫力、自然治癒力を高める要因だと確信しました。そして、この歓喜とは、わかりやすく言えば、心のときめきのことなのです。

 あなたは生命が躍動して心がときめいた経験がありますか。誰でもそういう経験をしているはずです。

 でも患者さんに「心のときめきが大事です」という話をすると、「心のときめきって、どんなものですか」と聞き返されることがあります。そのときは、私自身のときめきを披露します。

 列挙すれば、早寝早起き、仕事、執筆、太極拳、晩酌、旬の刺し身、女の色気、といったところでしょうか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加