石川遼はなぜ失速? 丸山茂樹が“乱調プレー”に疑問 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

石川遼はなぜ失速? 丸山茂樹が“乱調プレー”に疑問

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

新選手会長としても頑張ってますね(c)朝日新聞社

新選手会長としても頑張ってますね(c)朝日新聞社

 プレーの面では、2位に入った「東建」では持ち味のドライバーショットを中心にやってました。「パナソニック」でも同じようにいったんですけど、あのコースだと14本のクラブを見渡してマネジメントした方がよかったのかなという気もするんですね。とはいえ、素晴らしいプレーもたくさんありました。ただ3日目が問題ですよね。初日から71、66ときて3日目は76、そして最終日にまた66ですから。あの乱調は何だろう、と。一日ずっと遼を見てるわけじゃないんで、いまのところ僕にも分からないんです。遼に関して伝えるために、今後はそういうところに注目していきたいと思います。

 いま言えるのは「パナソニック」の3日目みたいな日は、自分を抑え込んでやったりしてもいいのかなと。ネガティブとポジティブのバランスを、しっかり保った方がいいですね。

 さて、「パナソニック」で優勝したのがインドの39歳、ラヒル・ガンジーでした。インドのガンジーといえば世界的な偉人を思い出しますけどね。この試合はアジアンツアーとの共催で、ガンジーは実に14年ぶり2度目のアジアンツアー勝利でした。

 3日目の終盤に2~3メートルのパットをことごとく外したので、長く勝ててないのはこういうところかなと。そしたら最終日にはピシッと修正してきました。立派でしたね。試合後すぐに日本ツアーに登録しました。今後のガンジーに注目ですね!

週刊朝日  2018年5月18日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい