カビや金属もリスクに! 身近に潜む「毒物性認知症」の脅威とは

ヘルス

2018/05/10 07:00

 梅雨の季節、じめじめとした日が続くと気になるのがカビ。最新の研究で、カビが原因で発生する毒物や、水銀などの有害金属の毒性物質がアルツハイマー型認知症のリスクになることがわかってきた。原因を取り除くことで、治療と予防が期待できる。

あわせて読みたい

  • 薬を使わず9割改善も 認知症の新治療「リコード法」とは

    薬を使わず9割改善も 認知症の新治療「リコード法」とは

    週刊朝日

    12/9

    発症前に治療? 「アルツハイマー病」最新事情

    発症前に治療? 「アルツハイマー病」最新事情

    週刊朝日

    12/22

  • 完治を目指す治療へ 生活習慣病の予防で防ぐアルツハイマー病

    完治を目指す治療へ 生活習慣病の予防で防ぐアルツハイマー病

    週刊朝日

    10/28

    認知症予防で話題の「リコード法」 食事を変えて原因を断つ!

    認知症予防で話題の「リコード法」 食事を変えて原因を断つ!

    週刊朝日

    12/10

  • 自転車、ウオーキング、有酸素運動がアルツハイマー病に効果あり

    自転車、ウオーキング、有酸素運動がアルツハイマー病に効果あり

    週刊朝日

    12/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す