「湿気」を甘く見てはいけない? 帯津良一の養生訓 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「湿気」を甘く見てはいけない? 帯津良一の養生訓

連載「貝原益軒 養生訓」

このエントリーをはてなブックマークに追加

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

「湿」はおそるべし(※写真はイメージ)

「湿」はおそるべし(※写真はイメージ)

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。

*  *  *
【貝原益軒 養生訓】(巻第六の9)
風寒暑は人の身をやぶる事、はげしくして早し。
湿は人の身をやぶる事おそくして深し。(中略)
湿気は人おそれず。人にあたる事ふかし。
故に久しくしていえず。

 養生訓では病気を引き起こす外邪として風、寒、暑、湿をあげています。このうち湿については、こう語っています。

「風、寒、暑は人の身体を病めること、はげしくて早いが、湿はおそくて深い。そのせいで、風、寒、暑についてはおそれるのに、湿についてはおそれない。ところが、湿は身体の中に深く入り込んでくるので、容易に治らない」

 つまり、風、寒、暑にくらべてこわがることのない湿気を甘く見てはいけないと言っているのです。続けて、こう注意しています。

「湿気があるところからは早く離れるべきである。山中の川岸の近くからは遠ざかったほうがいい。低地で水に近いところ、床が低いところに、坐ったり横になったりしてはいけない。床を高くし、床の下の壁に窓を開けて、気の流れをよくする。塗りたての壁に近づいて坐ったり横になったりしてはいけない。湿気にあたって病になり、治りにくい。あるいは疫病(伝染病)になることがあるから、恐れなければいけない」(同)

 湿気こそが日本の風土の特徴で、じめじめ、べとべとした日常から日本の文化は生まれたという説がありますが、換気扇やエアコンがない時代には、日本人の生活に湿気は深く関わっていたのでしょう。

 豊臣秀吉の領土的野心による2度の朝鮮への出兵、つまり文禄の役と慶長の役は戦略の欠如の見本だと言われていますが、この文禄の役についても益軒は触れています。「文禄の朝鮮の役で戦死者が少なく、疫病で死んだ人が多かったのは、陣屋(兵営)が低くまばらで、兵士が寒・湿にあたったせいだといわれている」(同)、だから居室も寝室も高くて乾燥したところにしなさいというのです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい