30代の人にもおススメ 老眼を救う「遠近両用コンタクトレンズ」

シニア

2018/03/08 07:00

 40代を過ぎたあたりで水晶体の柔軟性が失われ、小さい文字などが見にくくなる“老眼(老視)”。医療の進化により、最新の焦点眼内レンズを水晶体に埋め込むことで、解決するようになった。しかし、手術自体は両目で100万円程度かかり、患者負担は大きい。

あわせて読みたい

  • レンズの進化で“見たい距離”に 眼科医おススメの最新老眼治療

    レンズの進化で“見たい距離”に 眼科医おススメの最新老眼治療

    週刊朝日

    3/13

    80代以上の誰もがかかる白内障 眼内レンズ選びで手術後の見え方が変わる?

    80代以上の誰もがかかる白内障 眼内レンズ選びで手術後の見え方が変わる?

    週刊朝日

    4/19

  • イマドキ中高年は“遠近両用コンタクト”が好き

    イマドキ中高年は“遠近両用コンタクト”が好き

    週刊朝日

    3/30

    白内障の手術をしたら寝たきりの人が元気に歩き始めたことも! 眼科医が語るメリットとは?

    白内障の手術をしたら寝たきりの人が元気に歩き始めたことも! 眼科医が語るメリットとは?

    dot.

    5/31

  • 「見えた気になっているだけ」プロに聞く失敗しない老眼鏡作り

    「見えた気になっているだけ」プロに聞く失敗しない老眼鏡作り

    週刊朝日

    12/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す