NHK「あさイチ」有働アナ 降板騒動の裏に働き方改革 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

NHK「あさイチ」有働アナ 降板騒動の裏に働き方改革

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル週刊朝日#働き方

有働アナの、朝ドラを受けての表情も、すっかり「あさイチ」名物だが(c)朝日新聞社

有働アナの、朝ドラを受けての表情も、すっかり「あさイチ」名物だが(c)朝日新聞社

「少し前まで交際していた男性はいましたが、今はそういったお相手はいないようですよ」(同)

 今回の報道について、ある芸能ジャーナリストは、「噂の出所はNHK内部ではないかともいわれています」という。

「反有働アナともいえる人との足の引っ張り合いに巻き込まれたかたちではないかとのことです。『あさイチ』をやめたい思いもあるようですが、視聴率も高い番組なので、顔であるMCはなるべく変えたくない面もある。過熱する報道にNHK側も困っている状況のようです」

 これらの報道を受け、1月10日放送の「あさイチ」では、報道陣に自宅に押し掛けるなどの取材に対して配慮を求める異例の呼びかけを生放送で行ったが、降板については特に明確にしなかった。11日には上田良一NHK会長が定例会見でこの件に触れ、4月以降の体制についてはまだ「検討中」、現時点では「私からコメントすることはない」とのことだった。「あさイチ」から目が離せない。(本誌・太田サトル)

週刊朝日  2018年1月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい