平昌五輪特集

AERA dot.

KinKi Kids・堂本光一が明かす「2人であること」の意味

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル,野村美絵週刊朝日

CDデビュー20周年を迎えたKinKi Kids(※写真はイメージ)

CDデビュー20周年を迎えたKinKi Kids(※写真はイメージ)

 2017年7月21日にCDデビュー20周年を迎えたKinKi Kids。だがその直前の6月27日、堂本剛さんは左耳の突発性難聴のために入院。現在、剛さんは少しずつ回復し音楽活動を再開。12月6日に発売されたベストアルバム「The BEST」がオリコン週間アルバムランキングで初登場1 位を獲得するなど、その人気は衰えることがない。当時の心境やこれからについて、堂本光一さんに話を聞いた。

*   *  *
――剛さんの発病後、歌番組などには光一さんが一人で出演しました。「THE MUSIC DAY」(7月1日放送)で「Anniversary」を一人で歌ったときには、「2人の歌を一人で歌うこと」に違和感を覚えたそうですね。

 2人の曲を一人で歌うとなると、ブレスのタイミングも変わってくる。普段はまったく意識してないことに、気づかされました。「2人だからこうやって歌っていたのか」と。

――7月15、16日に行われた20周年記念イベント「KinKi Kids Party!」は、光一さんは横浜スタジアム、剛さんは別の場所から中継をつなぐという方法をとりました。長瀬智也さんや生田斗真さんをはじめとするゲストの方々には、光一さん自ら連絡をしたと聞きました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加