「2025年問題」は徘徊老人、介護難民も!? 孤独死が急増

シニア

2018/01/09 07:00

 団塊の世代約800万人が75歳以上の後期高齢者となり、年金・医療・介護の社会保障費が急増する「2025年問題」。もう7年しか残された時間はないが、増田寛也・野村総研顧問(元日本創成会議座長)は財政以外の「2025年問題」もあると危惧する。

あわせて読みたい

  • 「地方は姥捨て山か」の声 東京圏から移住促す提言 その真意は

    「地方は姥捨て山か」の声 東京圏から移住促す提言 その真意は

    AERA

    9/20

    住み慣れた地域を離れたらストレスに… 気をつけたい高齢者の「入居メンタル」

    住み慣れた地域を離れたらストレスに… 気をつけたい高齢者の「入居メンタル」

    dot.

    2/3

  • 2025年には約15兆円に! 「社会保障給付費」激増で起こる財政危機シミュレーション

    2025年には約15兆円に! 「社会保障給付費」激増で起こる財政危機シミュレーション

    週刊朝日

    1/6

    策士・小池百合子は墓穴、増田寛也も悪評噴出 都知事選大混乱

    策士・小池百合子は墓穴、増田寛也も悪評噴出 都知事選大混乱

    週刊朝日

    7/13

  • ギリシャより日本のほうがひどい…PB赤字をエコノミスト指摘

    ギリシャより日本のほうがひどい…PB赤字をエコノミスト指摘

    週刊朝日

    7/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す