ミッツ・マングローブ「フェロモンと裸の関係」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「フェロモンと裸の関係」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツマングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツさんが今回取り上げるのは、「裸の男」!(※写真はイメージ)

ミッツさんが今回取り上げるのは、「裸の男」!(※写真はイメージ)

 ちなみにテレビでフェロモンを感じるのは、先のアキラ100%さんや小島よしおさんのような裸族ではなく、むしろ『着ている人』たちです。夕方のニュースでキャスターをしているNEWSの小山慶一郎くんやNHKの気象キャスター・斉田季実治さんといったスーツ族は、首から下で裸なのは『手』だけなので、そこから放たれるフェロモンの濃度が非常に高い。ニュースボードや天気図を指し示す時の彼らの手は、たまに袖から局部がポロリしているのかと思うぐらい。他にもピアノを弾く小室哲哉さんの手元、パットを打つ際の石川遼くんの右手、長袖を着がちな星野源さんなど、手は『先端』ということもあり、男性のフェロモンとは深い関係があるようです。

 最後にオードリーに関して。ここのところ春日さんが裸になりまくっているせいか、ふたりのフェロモンコントラストが極端過ぎて、裸の春日さんと服を着た若林さんが並ぶと、春日さんが90歳の爺さんに見える時があります。決してフェロモン指数の低い人ではないのですが、何せ若林さんは埋蔵量・貯蓄量ともに『フェロモン界のガワール油田』と呼ばれているので。

週刊朝日  2017年12月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい