最終戦で2位の石川遼 「非常にもったいない」点を丸山茂樹が指摘 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

最終戦で2位の石川遼 「非常にもったいない」点を丸山茂樹が指摘

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹は大相撲の問題で何を思った?

丸山茂樹は大相撲の問題で何を思った?

 5週連続の予選落ちから復活したかに見える石川遼選手(26)。しかし、本当に調子が戻ったのかは不明だと丸山茂樹氏は指摘する。

*  *  *
 国内男子ツアーの「カシオワールドオープン」(11月23~26日、高知・Kochi黒潮CC)で、石川遼(26)が2位に入りました。ホストプロを務めた試合で、意地を見せましたね。

 日本に戻ってきてから5週連続予選落ちという状態だったんですけど、ようやくですね。4日間のパーオン率は全体で単独1位の81.94%でした。試合会場がすごく広いゴルフ場なんで、安心感を持てた部分はあると思いますね。加えて、パターを変えたのがマッチしたこともある。

 残念なのが、これが遼の今シーズン最後の試合だってことです。次の試合で確かめられなかったというのが、非常にもったいないですよ。彼ぐらいの一流選手だと、しばらくぶりでも1回はこれぐらいの成績が出る。でも2回、3回と出してくるのは大変。それができて初めて復調したと言えると思いますから。そのチャンスに試合がないってのは、ほんとに残念です。

 遼は1月にバハマで開幕する米下部の「ウェブドットコムツアー」に参戦します。復調の手応えをつかんでから行けるとよかったんですけどね。カシオワールドの結果が、アメリカでもいい方向に結びついてくれるといいと思います。

 タイガー・ウッズ(41)が彼自身の基金が主催する「ヒーローワールドチャレンジ」(11月30日~12月3日)で9カ月ぶりに試合に出ました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい