「憎しみはいつか、愛に裏返る」妻の“名言”にモロ師岡困る!? (1/7) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「憎しみはいつか、愛に裏返る」妻の“名言”にモロ師岡困る!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
モロ師岡(もろ・もろおか)(右)/1959年、千葉県生まれ。専修大学在学中からアマチュア劇団に所属。六本木のショーパブ立ち上げやストリップ劇場でのコントで活動。90年ごろからテレビに出演しはじめ、96年、映画「キッズ・リターン」(北野武監督)に出演。東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞。以後、多くのドラマ、CM、映画で活躍。2018年1月2、3日、東京・下北沢の「劇」小劇場で「新春恒例初笑い演芸会」を開催。楠美津香(くすのき・みつか)(左)/1962年、東京都生まれ。横浜放送映画専門学院卒。コントグループ「ピックルス」「ふらみんご」、放送作家、ラジオDJを経て、実験的一人コント「東京美人百景」を連続公演。2000 年からは一人芝居「ひとりシェイクスピアの会」を定期公演。17年12月2日、東京・浅草リトルシアターで「超訳トロイラスとクレシダ」を公演。18年1月7日、横浜市大倉山記念館で「落語とコントの独演会」に出演。(撮影/写真部・大野洋介)

モロ師岡(もろ・もろおか)(右)/1959年、千葉県生まれ。専修大学在学中からアマチュア劇団に所属。六本木のショーパブ立ち上げやストリップ劇場でのコントで活動。90年ごろからテレビに出演しはじめ、96年、映画「キッズ・リターン」(北野武監督)に出演。東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞。以後、多くのドラマ、CM、映画で活躍。2018年1月2、3日、東京・下北沢の「劇」小劇場で「新春恒例初笑い演芸会」を開催。
楠美津香(くすのき・みつか)(左)/1962年、東京都生まれ。横浜放送映画専門学院卒。コントグループ「ピックルス」「ふらみんご」、放送作家、ラジオDJを経て、実験的一人コント「東京美人百景」を連続公演。2000 年からは一人芝居「ひとりシェイクスピアの会」を定期公演。17年12月2日、東京・浅草リトルシアターで「超訳トロイラスとクレシダ」を公演。18年1月7日、横浜市大倉山記念館で「落語とコントの独演会」に出演。(撮影/写真部・大野洋介)

 お二人とも俳優として活躍する、モロ師岡さん、楠美津香さんご夫妻。注目されたのはお互いにお笑いの世界だった。コントのような二人の物語とは。

※「出会いは“ストリップ劇場” モロ師岡夫妻の下積み時代」よりつづく

*  *  *
夫:僕もテレビからお声がかかるようになって。毎週、ネタを出さなきゃならなくなった。

妻:お互いネタには苦しんでたから、一緒に考えてみる?ってことに。そのうち私は芸人をやめましたけど。

夫:ちょうどコンビ別れしたんだよね。

妻:限界だったの。違う、これは私の道じゃない!って。それで放送作家に。

夫:彼女には引き続き、ネタを書いてもらいました。よく打ち合わせしたよね。

妻:道玄坂のドトールで。

夫:そのうち、飲みに行こうよってことになって。

妻:この人、酔っぱらうと私の手を握ってね。結婚しよう!って言うんですよ。

夫:ははは。

妻:それも一度や二度じゃないの。酔えば決まって、プロポーズ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい