綾瀬はるか、倉科カナらが声で助太刀する女子バスケ部アニメドキュメントをNHK報道局がつくったワケ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

綾瀬はるか、倉科カナらが声で助太刀する女子バスケ部アニメドキュメントをNHK報道局がつくったワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
多田敏男週刊朝日
「女川中バスケ部 5人の夏」 【放送予定】BS1:8月27日午後10時~10時43分(東北ブロックは先行放送)/NHK総合:8月25日午後8時~8時43分/【声の出演】チッピちゃん:倉科カナ、アンナ:佐々木李子、セリナ:三瓶由布子、カリン:伊瀬茉莉也、カホ:潘めぐみ、ナナミ:大和田仁美、須田:山寺宏一、青年たち:伊達みきお、富澤たけし(サンドウィッチマン)、大神選手:大神雄子、ナレーション:綾瀬はるか

「女川中バスケ部 5人の夏」 【放送予定】BS1:8月27日午後10時~10時43分(東北ブロックは先行放送)/NHK総合:8月25日午後8時~8時43分/【声の出演】チッピちゃん:倉科カナ、アンナ:佐々木李子、セリナ:三瓶由布子、カリン:伊瀬茉莉也、カホ:潘めぐみ、ナナミ:大和田仁美、須田:山寺宏一、青年たち:伊達みきお、富澤たけし(サンドウィッチマン)、大神選手:大神雄子、ナレーション:綾瀬はるか

チッピちゃん役の倉科カナさん

チッピちゃん役の倉科カナさん

本人役で出演する、プロバスケットボール選手の大神雄子さん(c)WJBL

本人役で出演する、プロバスケットボール選手の大神雄子さん(c)WJBL

<女川にもロケに行きましたし、この子達にも会いに行きました。頑張り屋のしっかりした子達です>

 またプロバスケットボール選手の大神雄子(山形県出身)が、本人役として登場。音楽は宮城県出身のシンガー・ソングライター、遊佐未森が担当する。

 吉田プロデューサーはこう明かす。

「声優の人選は、東北ゆかりの人ということで声をかけさせていただきました。みなさんが『被災地のために何かできれば』と忙しいスケジュールをぬって参加してくれました」

 特に山寺さんは、宮城県出身のアーティストらでつくる支援団体「みやぎびっきの会」の活動を通じて、主人公の5人のことを知っていたという。

「今回の番組に参加できたことを心から喜んでくれました。アフレコではスタジオに入ると開口一番、『この子たち、昔からよく知ってるんだよ! ずっと応援してたんだ。みんな大きくなったなぁ』と、まるで自分の子どものように話が止まらなかったぐらいです。ほかにも大神さんが出演シーンは短くても多忙なスケジュールを調整してくれるなど、みなさんの熱い思いに私たち制作者が支えられました」

 アニメでは中学校を卒業した後の“今”にも触れるという。モデルの少女たちはどう思っているのだろうか。

 取材してきた報道局スポーツ番組部の森渕靖隆ディレクターはこう言う。

「アニメ化の話を伝えた時は、『そんなことできるんですか!?』と、とにかく驚いていました。それと同時に、自分たちのこれまでの軌跡や思いが、より多くの人に届くことを喜んでいました。最後には、『実写より恥ずかしくないかも……。可愛く描いてくださいね!』といった冗談も言ってくれました」

 最後の夏は5人にとって「漫画のような奇跡的な体験」。震災後もバスケをやりたいという気持ちをくんでくれた家族や、応援してくれた町の方々のおかげで最後まで走りきることができたという。

 震災では1万8千人を超す死者・行方不明者が出た。6年たった今でも、多くの人が仮設住宅で生活している。アニメドキュメントによって、被災地から全国にどのような思いや感動が届くのか注目だ。(本誌・多田敏男)

週刊朝日 オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい