AERA dot.

東尾修が投手分業制に疑問符 先発ではなく中継ぎから…がいい?

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東尾修

先発、中継ぎ、抑えと活躍した西武時代の森慎二さん(c)朝日新聞社

先発、中継ぎ、抑えと活躍した西武時代の森慎二さん(c)朝日新聞社

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏が、2軍選手の才能を伸ばす方法を考える。

*  *  *
 プロ野球界の若手育成には方法論は無数にあれど、これといった正解はない。要はその選手にはまるかどうかである。アマ時代から素晴らしい実績を持った選手ならともかく、ドラフト指名の80%以上の選手は、何か「きっかけ」がないと、なかなかスーパースターにはなれない。

 その点で、ソフトバンクの育成出身4年目の石川柊太(しゅうた)と、広島のドラフト2位3年目の薮田和樹の、首脳陣の使い方は絶妙だった。石川は開幕1軍から中継ぎ登板を経て、5月31日から先発ローテーションに。また、薮田も時を同じくして先発に回った。

「中継ぎ→先発」。かつてはよく見られたステップアップの形だが、先発、中継ぎ、抑えの投手分業制が明確になった近年では減っている。ドラフト1位など、将来のエース候補として期待を持って獲得した投手は、2軍でも主に先発で使われる。それはいいのだが、1軍に上げたときも先発で使うことが多いよね。だが、石川、薮田の成功例を見ると、1軍で活躍させるための選択肢として、中継ぎからスタートする意義を再確認できたと思う。

 特に150キロを超え、速球に魅力のある投手なら、首脳陣はその選択肢を持つべきだ。中継ぎなら、最初は楽な展開を選んで登板させてあげられるし、1イニングならば、思い切って腕を振れる。球威十分のまま抑えることができれば、自分の球を信じることができる。まず、1軍で何が通用するか、そして自信をつけられるか。その点を重視するなら、中継ぎスタートは理にかなっている。

 先発としての育成を考えた場合、まず球種増、そして制球重視と修正を考えてしまう。だが、それではスケールの大きな投手にはなれない。まず1軍のマウンドでしっかり腕を振ること。そして何を軸に組み立て、どんな投手になりたいかを描くことだ。いきなり総合力を試される先発では、課題に取り組むべき順序を見失う可能性がある。「2軍では勝てるが、1軍では通用しない」といった中途半端な投手が増えてしまう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   東尾修 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加