「国民生活は地獄に堕ちる」 藤巻健史が「シムズ理論」に警告 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「国民生活は地獄に堕ちる」 藤巻健史が「シムズ理論」に警告

連載「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

このエントリーをはてなブックマークに追加
浜田宏一・米イェール大名誉教授 (c)朝日新聞社

浜田宏一・米イェール大名誉教授 (c)朝日新聞社

 これまでデフレ脱却のための異次元の量的緩和によるハイパーインフレのリスクを指摘している“伝説のディーラー”藤巻健史氏。さらなる財政出動でデフレ脱却を目指す経済政策「シムズ理論」に異論を唱える。

*  *  * 
 テニス仲間のマキさんから先日こう言われた。「数年前、日本が財政破綻する(またはハイパーインフレになる)と言っていたのはフジマキさんを筆頭に世界で3人だけだったけど(ほんとかね~?)、今や主流派だね。だから、フジマキさんのその種の本はもう売れないよ。みんなわかっているもん」。別に本を売りたくて言っていたわけではない。警告したかっただけなんですけどね~(苦笑)。

★   ★
「異次元の量的緩和」を続けても、いつになっても消費者物価指数(CPI)上昇率2%が達成されない。積極的な金融緩和で緩やかな物価上昇を促す考えのリフレ派の人たちの旗色が悪い。

 そこで出始めたのが、財政出動論。金融政策が効かなかったから、今度は財政出動でいこうというのだ。

 5月6日付朝日新聞朝刊に「積極財政首相に進言次々」という記事があり、<安倍晋三首相の周辺では、景気刺激のため、国の借金を気にせず財政出動をするよう進言する動きが出つつある>と伝えている。世界に冠たる財政赤字なのに、赤字を大きくしようというから恐れ入る。そうすれば、いずれインフレが起きるという考え方だ。

 政府のブレーンで米イェール大名誉教授の浜田宏一氏が、ノーベル賞経済学者のクリストファー・シムズ米プリンストン大学教授の説を「目からウロコが落ちた」と持ち上げたことからにわかに脚光をあび始めたのだ。シムズ理論という。

 私が「異次元の量的緩和」というルビコン川(=一度渡ったら戻れない)を渡った以上、ハイパーインフレは不可避だと考えていることは、読者の皆様はもうご存じだろう。

 デフレ脱却のための異次元の量的緩和は、「ジリ貧(=デフレ)を回避しようとしてドカ貧(=ハイパーインフレ)に陥る」からやってはいけない、と反対してきた。政策ミスの結果としてハイパーインフレが起きる、と歴史が教えてくれるからだ。ところが、一層の財政出動を唱える人は、私が「回避すべき」と考える結果を政策として意図的につくり出そうというのだからひどい話だ。究極の財政再建策ではあるものの、国民生活は地獄に堕ちる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい