増田明美の夫「恋愛を前提にして結婚しましょう」その理由とは?

2017/02/18 11:30

夫:だってもう40過ぎて、これから2、3年、恋愛をしようとは思わない。一緒に人生を歩むんだったら、結婚して、それから恋愛しましょうって言ったんです。名言だと思いますね(笑)。

――40歳を過ぎて自然に結婚に至った二人。しかし新婚早々、夫の仕事に異変が起こる。

妻:新婚で、一番ハッピーでいなきゃいけない時に、木脇は仕事を失ったんですよ。

夫:当時は生命保険会社に勤めていました。

妻:その会社は勤めている以上、副業禁止なんですよ。だけど……。

夫:副業をしてしまった。

妻:会社のルールがあったのに、なんか色気が出ちゃったのか、本を出しちゃって。

夫:ペンネームを使っているし、文章だけだし、最初はバレなかったんですが、結婚して私の写真が出て、見つかってしまったんですね。それで会社を退職したんです。

妻:普通に考えれば大変なことだと思うんですよ。結婚して、さあって時にそうなってしまって。でも当時、私は事務所を閉じる予定だったから、今後は彼にサポートしてもらおうと思ったんです。今となっては結果オーライだけど、最初からそういうハプニングはあったね。

夫:まあ、どこかで独立しようとは思ってたから、私も、いいきっかけだなと思いましたね。

※「増田明美の名解説の裏に夫あり!『僕は地中から支えてます』」へつづく

週刊朝日  2017年2月24日号より抜粋

1 2 3

あわせて読みたい

  • 増田明美の名解説の裏に夫あり! 「僕は地中から支えてます」

    増田明美の名解説の裏に夫あり! 「僕は地中から支えてます」

    週刊朝日

    2/18

    きっかけは妻の胃けいれん? 元プロ野球選手が押した魔法のツボ

    きっかけは妻の胃けいれん? 元プロ野球選手が押した魔法のツボ

    週刊朝日

    1/9

  • レイザーラモンHG「僕がプレゼントした指輪を七輪に…」妻との結婚秘話

    レイザーラモンHG「僕がプレゼントした指輪を七輪に…」妻との結婚秘話

    週刊朝日

    11/7

    バツ3“だめんず”と結婚してもうまくいく方法 くらたまの場合

    バツ3“だめんず”と結婚してもうまくいく方法 くらたまの場合

    週刊朝日

    9/13

  • プロポーズでも大げんか 小原正子・マック鈴木夫妻の「普通」に対する葛藤

    プロポーズでも大げんか 小原正子・マック鈴木夫妻の「普通」に対する葛藤

    週刊朝日

    4/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す