長渕剛はジャガーさん? 「FNS歌謡祭」の「乾杯」で見えた“神秘” (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

長渕剛はジャガーさん? 「FNS歌謡祭」の「乾杯」で見えた“神秘”

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(c)カトリーヌあやこ

(c)カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏は、「FNS歌謡祭」第1夜(フジテレビ系12月7日19:00~)に出演した長渕剛が披露した「乾杯」を考察する。

*  *  *
 歌番組のクライマックス。

「この時代だから届けたい、新しい『乾杯』がある」。そして、長渕剛はおもむろにアコースティックギターのボディを、ポコポコポコと叩き始めた。やおら絶叫。「う~んまいっ!!」。あれ、もう乾杯のビール飲んじゃった?かと思いきや、それどころじゃない。ギターをジャカジャカかき鳴らして、うなり出す。「アメリカの大統領が誰になろうとも~♪」って、これ何ひとつ「乾杯」じゃない。

 いきなりの大統領選に続き、「正義のツラして知ったかぶりしてる」マスメディアを批判。それから「歌の安売り」をやめろと、脈絡なく展開する長渕ワールド。思わず浮かんだ単語は「ギター漫談」。しかしオチがないまま続く説教だけに、むしろこれは新手の「ギター侍」か。長渕斬りか。

 聴けば聴くほど、語尾がひょいっと上がるこの歌いっぷり。だんだん「ジャガーが赤ん坊の頃にさぁ♪」なノリに思えてくる。そう、最近深夜バラエティーでおなじみ、千葉県が生んだローカルスーパースター、ジャガーさんだ。長渕節、いつのまにかほぼほぼジャガーさん? いかつい武闘派・長渕が、ビジュアル系金髪おじいちゃんにシンクロするなんて、宇宙の神秘か。本人が真剣であればあるほど、ズレが生み出されるシュールな空気だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい