ギャルだけじゃない! カラコンが大人女子に支持される理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ギャルだけじゃない! カラコンが大人女子に支持される理由

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
若い女性だけでなく、アラサー、アラフォーでも愛用者が増えているという「GIVRE TOKYO(ジーヴル トーキョー)」の1DAYカラーコンタクトレンズ。デザインは3タイプ。10枚1800円(税別)、30枚3800円(同)。「MORECONTACT(モアコンタクト)」(https://morecon.jp/)で購入可能のほか、全国のドラッグストアなどで販売中。販売元ANW

若い女性だけでなく、アラサー、アラフォーでも愛用者が増えているという「GIVRE TOKYO(ジーヴル トーキョー)」の1DAYカラーコンタクトレンズ。デザインは3タイプ。10枚1800円(税別)、30枚3800円(同)。「MORECONTACT(モアコンタクト)」(https://morecon.jp/)で購入可能のほか、全国のドラッグストアなどで販売中。販売元ANW

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、GIVRE TOKYO(ジーヴル トーキョー)の「1 DAYカラーコンタクトレンズ」について。

*  *  *
 10年ほど前、「女性が選ぶ“なりたい顔”ランキング」の1位が沢尻エリカだったことがある。

 いや、無理でしょ。だって彼女はハーフだもん……と思っていたのだが、その後も同様のランキングにはローラやトリンドル玲奈の名前が入っているのである。

 さらに、美容雑誌には「ハーフ顔メイク」なる特集まで組まれるようになった。

 その昔、「美容整形で“なりたい顔”ランキング」のダントツが中山美穂で、何年もトップに君臨していたことがあったが、ハーフ狙いというのは、さらにその上をいく欲望と言えよう。

 そんなハーフ顔に近づける美容アイテムといえば、カラコンだろう。日本で韓国コスメが注目された後、韓流女優やK‐POPの女性歌手から広まった。

 いまでは10代のギャル系モデルは100%、カラコン愛用者と言っていい。数年前、無謀にもギャル系雑誌で連載をしていたが、広告主の8割がカラコンの会社だったことに驚かされた。それほどギャルに売れていて、メーカーは雑誌に出稿するほどもうかっているということだ。

 いまではモデルやタレントで「カラコンのイメージガールになりたい」という夢を語る者も少なくない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい