画面処理に再撮影…逮捕の高畑裕太・出演ドラマに見た“プロの技” (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

画面処理に再撮影…逮捕の高畑裕太・出演ドラマに見た“プロの技”

週刊朝日
(c)カトリーヌあやこ

(c)カトリーヌあやこ

 一方、24時間テレビドラマスペシャルは、配役を高畑から小山慶一郎に変更し、撮影し直し。盲目のヨシノリ先生(加藤シゲアキ)のリハビリを担当する支援員役なんだけど、ロケシーンばかりで再撮影ギリギリ感がにじむ。常にきびしい態度を取る支援員だけど、実はヨシノリを思ってのことだった……という流れは、諸事情のせいか、ちょっと駆け足。そして無事リハビリを終え、「よくここまで頑張りました! 途中何度も挫折するかと……」って、小山と加藤が抱き合うシーン。ここがもう、ドラマとは思えない臨場感。「わずか3日で撮影、編集!」という現場のクライマックスを見たような気がした。

 ちなみにヨシノリの妻役は、沢尻エリカ。ギャートルズのような衣装で「別に」とのたまっていたのも今は昔。視力を失い、自暴自棄になった夫をどやしつける場面が最高だ。「いつまでこうしてるつもり、この屍!」。シカバネですよ、シカバネ。この世でシカバネが似合うのは、エリカ様と「大江戸捜査網」(死して屍拾う者なし)だけ。

 どんなピンチでオロオロしても、「この屍!」とどやしつけられれば、起死回生で立ち上がり、「別に」とクールに対処したい。そんな制作陣のプロフェッショナルな技を見た今回の出来事。事件そのものは、CGでも消去できないけれど。

週刊朝日 2016年9月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい