芸能人大好き!? 差し入れに人気の絶品「おいなりさん」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

芸能人大好き!? 差し入れに人気の絶品「おいなりさん」

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
呼じろう(東京都港区南麻布1ー3ー13)のおいなりさんは、一番人気の「竹皮」(8個、1千円)をはじめ、「箱(正方形)一段」(20個、2500円)など6種。「作り置きはないので、予約後の来店だとお待たせしません」と徳永店主

呼じろう(東京都港区南麻布1ー3ー13)のおいなりさんは、一番人気の「竹皮」(8個、1千円)をはじめ、「箱(正方形)一段」(20個、2500円)など6種。「作り置きはないので、予約後の来店だとお待たせしません」と徳永店主

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、「一口サイズのおいなりさん」について。

*  *  *
 本番中、ADさんや番組デスクが出演者らに差し出す紙コップ入りの飲み物には、必ずストローが刺さっている。

 それは、女性出演者の口紅がとれてしまわないための配慮。

 同じく、楽屋見舞いの差し入れや、出演者がスタンバイのために控えている「前室」に置かれる、ちょっとした食べ物は「一口サイズ」であることが鉄則である。

 まい泉のかつサンドや赤トンボのサンドウヰッチ、地雷也の天むすなど、これまでにも一口で食べられるモノをご紹介してきたが、今回は、7月9日に東京・南麻布にオープンしたばかりの「呼(こ)じろう」のおいなりさん。女医の西川史子先生はじめ、グルメで有名なタレントたちが利用していることで、いっきに流行りモノとなった。

 この名前にピンときた方は食通であり、芸能通だろう。西麻布の「呼(こ)きつね」から店主が独立し、開いた店。

 店主の徳永明広さんは「元役者」とのことで、例の「口紅をつけた女優さんでも気にせずに食べられる」という楽屋見舞いの鉄則を身をもって感じてこられたのだろう。

 おいなりさんは歌舞伎をはじめとする観劇のお供に相応(ふさわ)しいということで庶民に広まったとも言われる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい