“お稽古事”は出会いの宝庫!? 18歳年下婚を果たした女優とは (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“お稽古事”は出会いの宝庫!? 18歳年下婚を果たした女優とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#夫婦
出会いはお稽古の先生と生徒で…(※イメージ)

出会いはお稽古の先生と生徒で…(※イメージ)

妻:これでもう、付き合えるねって、茶化したんです。でも、私からは誘いませんでした。だって、年上の俳優が若い素人にちょっかい出した、みたいになるじゃないですか。

夫:恋人と別れた数カ月後、年末に仲間とカラオケ大会をやったんですよ。で、彼女と「一緒に行きましょう」って話してたのを思い出して、誘ったんです。

妻:12月30日でした。私は年明けの2日から舞台で、年末ぎりぎりまで稽古だったんです。このまま一人で年越しか……って思ってたところにそのお誘い。もう、スッピンにジャージーで飛んで行きましたよ。そうしたら、ものすごく歌がうまくてびっくり! おまけに脱ぐわ踊るわ、大騒ぎ。

夫:ストレス発散ですから。

妻:教室での彼とは大違い。で、俄然、彼に興味がわいたんです。そこからは怒涛の3回デート!

夫:そうだったね(笑)。

妻:1回目は食事をして。次が、映画に行くつもりが……。

夫:映画が見たい、って新宿まで呼び出されて、行ってみたら「やっぱり映画やめよう」って。うわ、自由な人だ、って思った。

妻:風邪気味で、2時間も映画館にいたら悪化しそうだったのよ。で、結局ご飯食べに行って。別れ際、私がタクシーからバイバイ、って手を振ったら、そのとき初めて、女を感じたらしいです。

夫:なぜだか、あのときのことは今もはっきり覚えてるんですよ。

週刊朝日  2016年8月12日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい