「うつ病かも」で安易な受診は危険? 知られざる精神科医の実態

病気

2016/07/19 16:00

 うつ病患者にとって、薬とどう向き合うかは大きな課題だ。多剤投与が問題視されて久しいが、処方そのものの是非について、改めて考える時期に来ている。

あわせて読みたい

  • 「うつ病」治療の最前線 「引く治療」で回復へ?

    「うつ病」治療の最前線 「引く治療」で回復へ?

    週刊朝日

    9/30

    軽症うつが薬は効かない? うつ病治療の落とし穴

    軽症うつが薬は効かない? うつ病治療の落とし穴

    週刊朝日

    7/19

  • 抗うつ薬「8割の患者に無意味」? それでも処方される理由

    抗うつ薬「8割の患者に無意味」? それでも処方される理由

    AERA

    7/7

    うつ病患者の薬物治療 副作用で自殺行為に至る危険性も

    うつ病患者の薬物治療 副作用で自殺行為に至る危険性も

    週刊朝日

    4/12

  • 「睡眠薬はずっと飲み続けるものではない」不眠症治療の専門医が患者にそう伝える理由とは?

    「睡眠薬はずっと飲み続けるものではない」不眠症治療の専門医が患者にそう伝える理由とは?

    dot.

    2/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す