ベッキー、舛添…“公開処刑”に室井佑月が「酷いよ」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ベッキー、舛添…“公開処刑”に室井佑月が「酷いよ」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外メディアを参照にしなければ、日本の現状はわからない?(※イメージ)

海外メディアを参照にしなければ、日本の現状はわからない?(※イメージ)

 作家・室井佑月氏は、日本のメディアは権力者に良いように利用されているという。

*  *  * 
 みんな、舛添さんの公金ちょろまかし騒動は興奮したね。なに? 舛添さんが辞任することになって寂しい? それって、「舛ロス」っていうんだって。

 なぁに、少しの我慢よ。すぐに、新たな生け贄が出てくるって。

 これまでもそうだったじゃん。舛添さんの前にはベッキーちゃん、小保方さん、佐村河内さん……。

 え? 怖くなってきた? 大丈夫。公開処刑される人々は、それぞれの業界で成功し、良い目を見てきた人だもん。

 あたしら、成功したことないじゃんか。死なないから生きているだけの、我々がターゲットになるわけないわ。

 いやぁ、ほんと公開処刑は楽しい。代わり映えがしない毎日が意外といちばんなんだって、しみじみと思えるよねぇーー。

 これが今この国の大多数なのだろうか。醜いよ。自分のほうがマシという気持ちが生きる支えで、そのために他者を叩く。ヘイトスピーチ団体と一緒だな。

 6月16日付の思想家・内田樹さんのブログ「内田樹の研究室」に、フランスのルモンド紙を訳した記事が載っていた。この国の舛添騒動について書かれた記事だ。

 ルモンドの情報筋によれば、<この攻撃は計画的なもので、官邸の暗黙の同意を得て行われた>という。

 そして、<政府にとって不都合ないくつかのニュースが結果的に報道されなかった>という。

<知事についての報道の開始は、英紙「ガーディアン」が2013年にブラック・タイディングに対してなされた130万ユーロの資金流入についてのフランス当局の捜査について報じた5月11日と同時期である>

 東京オリンピック招致のための賄賂疑惑だ。

<日本では、このニュースは二人の人物を巻き込む可能性があった>

 森喜朗元首相とJOCの会長の竹田恒和さん、バッチリ名前も書かれていた。

 それだけじゃない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい