北原みのり「叩ける人だけ、叩く」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「叩ける人だけ、叩く」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
政治家のお金の問題以上に、メディアの暴力を久々に突きつけられたように思う(※イメージ)

政治家のお金の問題以上に、メディアの暴力を久々に突きつけられたように思う(※イメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。辞職に追い込まれた舛添要一氏に関する報道に、最終的には辟易していたという。

*  *  *
 結局、舛添さんが辞めるまでメディアは力を弱めなかったなぁ……と、いまちょうど舛添さん辞任のニュースを見ている。

 舛添さんの出張費に問題があると第一報が出たのは3月。そりゃあ、私は怒った。海外に行く時なんて、ちまちまローミング機能をオフにして、通信にも通話にも高額料金がかからないようにするのが常識だろう! ケータイ通話料約250万円ってどういうことだよっ! 一緒に行った役人もどうかしてるよ!と怒りましたよ。とはいえ、ここ1カ月、連日のようにトップニュースが舛添さんというのには、さすがに辟易だ。

 人々の怒りの火に油を注ぐ方法で、これまで何人、私たちは政治家を入れ替えてきただろう。こんなことの繰り返しを、いつまで続ければいいんだろう。今回の報道のあり方は、政治家のお金の問題以上に、メディアの暴力を久々に突きつけられたように思う。

 先日、意思に反してアダルトビデオに出演させられた女性たちを救済する市民団体の方の講演を聴いた。街中で声をかけられ、あまりにしつこい勧誘に「少しだけ」と話を聞く姿勢を見せると、それからはまるで一本のレールに乗せられるようにAVに出演することが決められていく。多くの女性はAVを観る習慣を持たないため、自分が関わる世界がどのような産業で、どのように自分の姿が流通され消費されていくのかを、リアリティーを持って考えることができない。後になって「やっぱり出たくない」「私の作品はもう売らないで」と言っても、「あなたが自分で決めたこと」「違約金が発生する」と言われると逃げ場がなくなる。……と、こういった厳しい現実が語られ、さぁ今後、この問題をどう考えていけばいいのだ……そんなことを考えさせられる講演だったのだけど、最後の質疑応答の時、その場にいた新聞記者が、市民団体の方にこう質問したことが印象に残った。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい