AERA dot.

三代目J Soul Brothers・岩田剛典 三代目への加入を断っていた?!

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

岩田剛典いわた・たかのり/1989年、愛知県出身。慶応義塾大学在学中の2010年に、三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして、シングル「Best Friend’s Girl」でデビュー。14年、EXILEにもパフォーマーとして加入。役者としても、ドラマ「ディア・シスター」(14年、フジテレビ系)、映画「ROAD TO HiGH&LOW」(16年)などに出演。待機作に映画「HiGH&LOW THE MOVIE」(7月16日公開予定)がある(撮影/写真部・松永卓也、スタイリング/ジャンボ、ヘア&メイク/千絵[H.M.C]、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

岩田剛典
いわた・たかのり/1989年、愛知県出身。慶応義塾大学在学中の2010年に、三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして、シングル「Best Friend’s Girl」でデビュー。14年、EXILEにもパフォーマーとして加入。役者としても、ドラマ「ディア・シスター」(14年、フジテレビ系)、映画「ROAD TO HiGH&LOW」(16年)などに出演。待機作に映画「HiGH&LOW THE MOVIE」(7月16日公開予定)がある(撮影/写真部・松永卓也、スタイリング/ジャンボ、ヘア&メイク/千絵[H.M.C]、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

 甘いマスクとダイナミックな踊りでファンを魅了し、存在感抜群のガンちゃんこと岩田剛典(27)。三代目J Soul BrothersやEXILEのパフォーマーとしてだけでなく、「恋人にしたい音楽アーティスト」ランキング(※「CD&DLデータ」誌発表)でもトップ10入りするなど、ますます目が離せない。『週刊朝日』6月3日号の表紙を飾ったガンちゃん。本誌はその素顔に迫った! 特別にその一部を紹介する。

*  *  *
 今や俳優としての顔も持ち、“王子様キャラ”といわれるガンちゃんこと岩田剛典(27)。慶応義塾大学法学部卒で大手企業の内定を辞退し、2010年に三代目 J Soul Brothersとしてデビューした“異色の経歴”の持ち主だ。名古屋市出身で、小学生の頃は全国模試で上位に食い込み、中学から上京して慶応に進学。高校3年生の時に、自分の思いを体で表現するダンス・KRUMPのドキュメンタリー映画「RIZE ライズ」を見て影響を受け、独学でダンスを始めた。大学でも“ガンちゃん”と呼ばれ、ダンスサークルの部長を務めていたという。

「大学で夜9時頃まで練習していて、夜中は“ダンサーの聖地”といわれるビルの前で練習。誰よりも熱心で、見た目も中身もゴリゴリの体育会系でした。でも、酔っぱらうと甘えん坊で(笑)。部長としても人望が厚かったけれど、熱すぎるあまり話が長かったですね(笑)」(サークルの仲間)

 ダンスにのめり込み、日本でKRUMPの第一人者といわれるJUN aka Twiggzこと佐藤順一郎氏の運営するKRUMPバトルイベントに参加したことを機に、EXILEの小林直己や関口メンディーも所属するTwiggz Famのメンバーに仲間入り。JUN氏は、出会った当時をこう振り返る。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加